現地コラム

COLUMN

生産量日本一!宮古島のマンゴーは安くて美味しい!収穫時期から販売店まで現地スタッフが解説します!

2023-06-17 06:42

みなさんこんにちは!

 

宮古島最大級のアクティビティショップ
「宮古島 ADVENTURE PiPi」です!

 

突然ですが、みなさん南国のフルーツと言えば何を思い浮かびますか?

 

マンゴーやパイナップルが思い浮かぶますよね。

 

宮古島はマンゴーの生産量が日本一です!

 

本記事では、宮古島のマンゴーについて現地スタッフがご紹介します。

 

宮古島のマンゴーの特徴

マンゴー

南国フルーツにはさまざまな種類がありますが、その中でもマンゴーは知名度、人気ともにトップクラスだと言えます。

 

赤々とした皮に包まれたオレンジ色の果実は芳醇な香りと鮮烈な甘みを持っており、多くの人にそのトロピカルな味は愛されています。

 

数ある沖縄の島々の中から、マンゴーを購入したいという理由で宮古島を旅行先に選ぶ人の数も少なくありません。

 

宮古島市はマンゴー
生産量日本1位

まず、宮古島のマンゴーの特徴として挙げられるのが、日本全国で最も多くの生産量を誇っている土地だという点です。

 

マンゴーについては南国フルーツという印象を持たれている方が多いかと思いますが、そのイメージ通りに生産が行われている県は南に集中しています。

 

マンゴーは気候などの条件面から国内で生産できる土地が限られており、沖縄、宮崎、鹿児島の上位3県で国内総生産の97%にも及ぶ数値を占めています。

 

特に沖縄県は50%を超える生産量をマークしており、名実ともに屈指のマンゴー県であると言えるでしょう。

<strong>マンゴーの生産量</strong>
1位 沖縄県(宮古島)
2位 宮崎県
3位 鹿児島県

 

宮崎県と沖縄県の
マンゴーの違い

悩んでる人

生産量について沖縄がトップであることを述べましたが、テレビで紹介される機会の多さから、宮崎についてもマンゴーの印象を強く持っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで気になるのが、宮崎県と沖縄県のマンゴ―の違いではないかと思います。

 

宮崎県のマンゴーは鉢に植える形でのポット栽培が行われており、沖縄ほどの気温は保たれないことから適宜暖房を用いながら育てていく形となっています。

 

一方の沖縄のマンゴーは地植え栽培であり、マンゴーの木が直接地面に植えられているのが特徴です。

 

沖縄県の中でも
宮古島のマンゴーは格別

マンゴー

国内トップの生産量を誇る沖縄県の中でも、宮古島のマンゴーは特に味が良いという評価を受けることが多くなっています。

 

沖縄県で栽培されているマンゴーの中でも特に味が濃厚で、メロンにたとえられるほどきめ細やかな口当たりが特徴です。

 

マンゴーの味は糖度、酸味、風味の三要素によって構成されていますが、宮古島のマンゴーはいずれの要素もバランスよく兼ね備えており、万人に愛される味を有しているのです。

 

宮古島のマンゴーの時期

マンゴー

宮古島のマンゴーを味わうには、どの時期に旅行に行けば良いのでしょうか。

 

宮古島のマンゴー収穫の最盛期は、6月から8月の期間だと言われています。

 

晩冬の時期に花が咲き、つぼみができ、春にかけて徐々に果実が膨らんでいきます。

 

その実が十分な大きさになるのが5月頃で、夏になれば美しく輝くマンゴーの栽培が可能となるのです。

 

宮古島のマンゴーが
美味しい理由

マンゴー

宮古島のマンゴーは美味しいと言われてはいますが、そこに具体的な理由はあるのでしょうか。

 

評判は良いものであっても実際に食べてみるとそうでもなかった、という経験をさまざまな食べ物でされたことがある方も多いのではないかと思います。

 

しかし、宮古島のマンゴーの味が良いのには、いくつかの明確な理由が存在しています。

 

具体的な理由を順にチェックしていきましょう。

 

マンゴー栽培に適した気候

池間橋

宮古島のマンゴーが美味しい理由として最初に挙げられるのが、その気候です。

 

宮古島が位置しているのは沖縄本島よりもさらに南西方向へ300km以上離れた場所であり、本土とは違う亜熱帯気候に属しています。

 

夏に安定して温暖な気温をマークするのはもちろん、なんと真冬にあたる時期でも日中の気温が20℃を超える日が少なくありません。

 

常夏の太陽に照らされて育つことでビタミンCやベータカロテンなどの栄養もたっぷりと含まれており、その味わいは多くの人々を魅了し続けています。

 

ハサミを使わない収穫方法

マンゴー

宮古島のマンゴーの栽培には、ハサミが使用されません。

 

春の末を迎えて鮮やかな色合いに艶めき始めたマンゴ―の果実に対して、宮古島では丁寧に1つ1つ袋を被せていく作業を行います。

 

やがて完熟したマンゴーは自然と枝から落下しますが、袋を被せておくことによってその際に傷がつかずに済むのです。

 

この栽培方法によって、マンゴーを味わうためにベストなコンディションで収穫することが可能となります。

 

マンゴー農園が多い

マンゴー

宮古島のマンゴーの美味しさは、マンゴー農園が多いということにも支えられています。

 

宮古島は沖縄県の離島の中でも屈指の広さを有する島であり、一周の距離が約100km近くという広大な島となっています。

 

そんな面積を生かして多くのマンゴー農園が存在しており、多くの農家によって常に切磋琢磨しながら技術向上が図られているのです。

 

農家そのもののハイレベルさも、宮古島のマンゴーが美味しい理由に数えられるでしょう。

 

宮古島にはどんな種類の
マンゴーがある

マンゴー

ここまでマンゴーの説明を見てきて、実際に現地で食べてみたくなってきた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、いざ現地に足を運んでみると、いくつかのマンゴーの種類を前に、どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

 

そこで以下の項目で、宮古島にはどんな種類のマンゴーがあるのかについて、チェックしていきましょう。

 

アーウィンマンゴー

マンゴー

まず、代表的なマンゴーの品種として挙げられるのが、アーウィンマンゴーです。

 

このマンゴーはアップルマンゴーとも呼ばれており、国内に出回っているマンゴーの95%がこの品種となっています。

 

みなさまがイメージされる一般的なマンゴーもおそらくこの品種である可能性が高いため、迷われた際にはアーウィンマンゴーを選べば間違いないでしょう。

 

もちろん宮古島でも多くのアーウィンマンゴーが栽培されており、地元民から観光客まで幅広く愛されています。

 

キーツマンゴー

マンゴー

続いてぜひ知っておきたいのが、キーツマンゴーと呼ばれる品種です。

 

アーウィンマンゴーに比べて晩生なため、市場に出回る時期は8月から9月の初旬ごろとなっています。

 

このマンゴーは生産数が少ないことから、本土ではなかなか手に入れることができず、幻のマンゴーと呼ばれることもあります。

 

味についてもアーウィンマンゴーと比べてさらに甘みが強く、こちらが好みだという方も多くいるのが特徴です。

 

ミニマンゴー

マンゴー

もう1つ、ミニマンゴーという品種についても知っておきましょう。

 

こちらはアーウィンマンゴーの1種ですが、サイズが小さく種がないのが特徴です。

 

ミニマンゴーについても、本土ではなかなか見かける機会がありませんが、宮古島の直売所では比較的多く見つけることができるでしょう。

 

気軽に食べやすいマンゴーとなっているので、旅行中のおやつにもおすすめです。

 

宮古島でマンゴーが
買える場所

マンゴー

以下の項目では、宮古島でマンゴーを購入できる場所についてご紹介いたします。

 

宮古島の中では数多くのお店でマンゴーが販売されていますが、その中でも観光中に買い物しやすいスポットを厳選させていただきました。

 

ワイドー市場

宮古島の中で農産物を買える場所の代表として挙げられるのが、市街地に位置しているワイドー市場です。

 

ここは、島内の農家の方々が持ち寄った野菜や果物が売られている直売所であり、さまざまな農産物や加工品を購入することができます。

 

さまざまな島野菜を眺めるだけでも楽しいスポットですが、もちろんマンゴーも多数並べられているため、大変おすすめのスポットとなっています。

ワイドー市場の基本情報
住所 沖縄県宮古島市平良平良松原638-14
営業
時間
9:00~18:00
定休日 なし
電話 0980-72-7684

 

あたらす市場

ファーマーズマーケットであるあたらす市場もおすすめのスポットです。

 

あたらす市場はJAによって運営されており、農産物からお土産品まで幅広いラインナップが揃っている点が大きな魅力です。

 

マンゴーについても信頼できる品質の品が揃っており、よりどりみどりの中から気になったものを選ぶことができるでしょう。

あたらす市場の基本情報
住所 沖縄県宮古島市平良西里
1440-1
営業
時間
9:00~18:00
定休日 なし
電話 0980-72-2972
公式
HP
あたらす市場

 

島の駅みやこ

観光の定番スポットとして道の駅を思い浮べる方も多いのではないかと思いますが、宮古島にも似た役割のスポットとして島の駅みやこが存在しています。

 

島内で獲れた新鮮な野菜や果物、特産品などが豊富にラインナップされており、パンやお弁当も並んでいるため、見ていて飽きることがありません。

 

もちろんマンゴーも豊富に揃っているため、ぜひ訪れてみることをおすすめします。

島の駅みやこの基本情報
住所 沖縄県宮古島市平良久貝
870-1
営業
時間
9:00~18:00
定休日 なし
電話 0980-79-5151
公式
HP
島の駅みやこ

 

各農園の直売所

マンゴーを購入するスポットとしてもう1つおすすめさせていただきたいのが、マンゴー栽培を行っている各農園の直売所です。

 

直売所では農園の方々が自信を持って並べているクオリティのマンゴーと出会うことができ、目を奪われること間違いないでしょう。

 

また、珍しい品種のマンゴーを見かける機会も多い場所であることから、マンゴーを目的とした旅行であれば、ぜひ直売所を訪ねてみましょう。

 

宮古島のおすすめ
マンゴー農園

マンゴー

農園の直売所がおすすめだと言われても、どの農園を訪れれば良いのか迷ってしまう方も多いかもしれません。

 

そこで以下に宮古島のおすすめマンゴー農園をピックアップしましたので、順にチェックしていきましょう。

 

へんとな農園

まずおすすめしたいのが、宮古島北部の島尻地区に位置しているへんとな農園です。

 

ここは宮古島の数ある農園の中でも常に上位に名を連ねる人気を誇っており、なんとマンゴーのオーナー制度も用意されています。

 

オーナーとして登録すると、収穫期に6回マンゴーを送ってくれるサービスもあるため、マンゴーが大好きだという方は登録を検討してみても良いかもしれません。

へんとな農園の基本情報
住所 沖縄県宮古島市平良島尻
304-1
営業
時間
9:00~17:00
定休日 土・日曜日
電話 0980-72-5181
公式
HP
へんとな農園

 

ユートピアファーム宮古島

ユートピアファーム宮古島をご紹介させていただきます。

 

こちらも常に多くの人気を集めているマンゴー農園であり、ユートピアの名にふさわしく多彩なトロピカルフルーツの栽培を行っています

 

マンゴーだけでなくパイナップルやドラゴンフルーツなどの栽培も行われているため、さまざまなフルーツを購入されてみてはいかがでしょうか。

ユートピアファーム宮古島の基本情報
住所 沖縄県宮古島市上野宮国
1714-2
営業
時間
10:00~17:00
定休日 日曜日
電話 0980-76-2949
公式
HP
ユートピアファーム
宮古島

 

栄福果樹園

もう1ヵ所知っておきたいのが、県道83号線沿いに広々とした敷地を持っている栄福果樹園です。

 

ここはアーウィン種のマンゴーはもちろん、上でご紹介させていただいた幻のマンゴーであるキーツマンゴーの栽培にも力を入れています。

 

宮古島ならではの珍しいマンゴーに舌鼓を打ってみたい方は、ぜひ栄福果樹園に足を運ばれてみてください。

栄福果樹園の基本情報
住所 沖縄県宮古島市平良東仲宗根添3481
営業
時間
11:00~16:00
定休日 なし
電話 0980-72-9580
公式
HP
栄福果樹園

 

宮古島でマンゴーを
楽しめるカフェ

マンゴー

最後に観光中の休憩を兼ねて、美味しいマンゴーを楽しめるカフェをご紹介させていただきます。

 

観光地である宮古島には魅力的なカフェが揃っているため、一息入れつつ美味しい果実を堪能することができるでしょう。

 

宮古島への旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

楽園の果物

宮古島でマンゴーを楽しめるカフェとしてまず挙げておきたいのが、楽園の果実です。

 

ここはマンゴー農園も営んでいるカフェであり、マンゴージュース、マンゴーパフェなどマンゴーをフルに使ったスイーツやドリンクを楽しむことができるでしょう。

 

宮古島から車で15分ほどの距離にある来間島に位置していますので、ドライブの途中に訪れてみてはいかがでしょうか。

楽園の果物の基本情報
住所 沖縄県宮古島市下地来間
476-1
営業
時間
11:00~18:00
定休日 なし
電話 0980-76-2991
公式
HP
楽園の果実

 

とぅんからや

続いてもう一軒、とぅんからやをご紹介させていただきます。

 

とぅんからやは、宮古島の南東部に位置しており、海に面したロケーションが特徴的なカフェです。

 

景観カフェとしてSNSなどで紹介される機会も多く、目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

訪れやすい位置にあり、絶品のマンゴーを楽しむこともできますので、ぜひ訪れてみることをおすすめします。

とぅんからやの基本情報
住所 沖縄県宮古島市上野新里1214
営業
時間
11:00~17:00
定休日 月・木曜日
電話 0980-76-2674
公式
Instagram
とぅんからや

 

AOSORA PARLOR

最後にもう1軒、AOSORA PARLORをご紹介させていただきます。

 

こちらもコンテナを改造した外観が可愛いテイクアウト専門のスムージーショップであり、人工甘味料や添加物不使用のオーガニックな味わいが特徴です。

 

宮古島のマンゴーを使ったスムージーはそれでも十分すぎるほどに芳醇な味わいを楽しむことができますので、ぜひその美味しさを堪能してみてください。

AOSORA PARLORの基本情報
住所 沖縄県宮古島市下地地来間104-1
営業
時間
10:00~12:00
13:00~17:00
定休日 なし
電話 0980-76-3900
公式
Instagram
AOSORA PARLOR

 

さいごに

今回は、宮古島の大きな魅力の1つであるマンゴーについて、さまざまな情報をお届けさせていただきました。

 

もし夏場の宮古島観光を計画されているのであれば、マンゴーを味わうことをおすすめします。

 

マンゴーを購入または楽しめるスポットも点在していますので、観光の途中にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事を参考に、宮古島ならではのトロピカルな味覚をお楽しみいただければ幸いです。